フィリピンの方に、今と未来を生きる力を分けて欲しいです!!

締め切りまであと

です。出資・購入するには、以下の画像をクリックして本サイトに移動してください。
締め切り後も、商品を販売・購入できる場合があります。

1.プロジェクト本文

新型コロナの影響で、働くことができず貧困で苦しむフィリピンの方達の今・未来を生きる機会をみなさんと一緒に作りたいです。

私は、金沢工業大学 環境・建築学部 建築学科 4年生 山本晃一朗です。
去年の夏頃、私は発展途上国に住む方の働き方を知りたいと考え、日本から、facebookを使いフィリピンのレストラン20社以上に自ら連絡しアポを取りに行きました。現実は厳しく、雇用に関する問題から、どのレストランも私を雇ってくれませんでした。

その中で、一つのレストランが私を受け入れてくれました。

それが、幸 sachi best ramenです。

一週間という短い時間でしたが、幸 sachi best ramenで働く従業員達は私にとても親切にそして気さくに話かけてくれました。そのおかげで、従業員と仲良くなり日本に帰国した現在でも交流は続いております。

今、その幸 sachi best ramenで働く従業員達が、新型コロナの影響で非常に生きることが困難な状況です。

そんな彼らに私は助けになりたいと考えております。

??? 幸 sachi best ramen とは ???

レストランのオーナーはラウルさんという方です。彼は、今は亡き娘の「日本食のレストランを経営するという夢」を叶えるために、フィリピンに日本食のレストランをオープンしました。

そして、現在は娘の願いを乗せたレストランは、フィリピン全土で9店舗まで展開しています。

メニューは、ラーメン、お好み焼き、たこ焼き、といった日本食を中心に提供をしております。

作り方も日本と同じなので、味も非常に美味しいです。

                ↑ラウルさんの写真です↑

幸sachi best ramen、URLを貼っておくので、是非ご覧ください。

幸 sachi best ramenのフェイスブック←クリックしてください。

もし開かなかったら、

www.facebook.com/SachiBestRamen/ で検索お願い致します。

2.私がしたいと考えていること

みなさんからいただいた資金を、幸sachi best ramenのオーナーであるラウルさんに届けます。そして、オーナーであるラウルさんと従業員24名に支給される形です。

この目標金額で一人あたり約4800PHP(9600円)が支給され、約三週間、彼らの生活をつなげることができます。

しかし、これだけ足りるわけではありません。家族と住んでいる方などは、もっと資金が必要です。

(例)

食費:一週間、1100PHP(2200円)

日常用品:一週間 500PHP (1000円)

(*家賃は含まれていません、時期により金額が変動することがあります。)

支援金内訳:

22.5万円+3922円(readyforの手数料+税)+33000円(早期サポート費)+2000円(輸送費)=30万円

彼らは毎日をギリギリで生きているので、なるべく早く確実に支給したいと考え、

クラウドファンディングの中でも、短い期間に設定させていただきました。

なぜやろうと考えたのか

私が現在の厳しい況下で就職活動をしている時に、幸sachi best ramenレストランで働く従業員(友人)からの一つのメールがきっかけです。

メールの内容は、「仕事にいけない中で、毎日水とエネルギーバーで栄養を取っている」ということでした。そして、幸sachi best ramenの従業員達に連絡を取りにいったところ、どの方もそのような厳しい状況下で一人暮らしまたは、家族を養いながら暮らしている状況でした。

私はお世話になった幸sachi best ramen、私の友人達である従業員に何か力になりたいと考え、このプロジェクトを立ち上げる決意しました。

私自身、就職活動中で自分の内定先もまだ分からない状況ですが、何か力になれると信じています。

みなさんのお力をどうかお借りしたいと考えております。

          ↑実際に送られてきた写真↑

3.今後の在り方

彼らが働けるようになるまで、この活動は続けていきたいと考えております。

まだまだ私は力不足なところがありますので、みなさんとこの活動をさらにより良いものにしたいと考えております。

新型コロナの影響で、寄付やリターンが遅延する可能性がありますことを、ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・プロジェクトの終了要項

寄贈するもの      

支援金

寄贈個数             

30万円

寄贈完了予定日   

2020年6月23日

寄贈先   

32 Sanson, Rockwell , 6K Buri Building, Lahug Cebu City

その他   

目標金額以上集まった場合、一人に与える資金を増やします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフィール

山本晃一朗

金沢工業大学 環境・建築学部 建築学科 4年生 山本晃一朗です。 趣味は海外旅行とトレーディングです! 高校二年生の時に、キックアスという映画を見て、発展途上国に貢献できる人物になるという決意をしました!その思いは今も変わりません!

記事の有効期限: 2020年6月9日 Tuesday 11:00pm

コメントを残す

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。