【デニム×バッグ×日本製】日本と台湾が生み出すデニムバッグシリーズ!

締め切りまであと

です。出資・購入するには、以下の画像をクリックして本サイトに移動してください。
締め切り後も、商品を販売・購入できる場合があります。

  1. 日本のバッグブランド「Pray」と、台湾のアパレルブランド「DYCTEAM」のコラボ企画
  2. ユニークなオリジナルデニム生地を使ったバッグをご提案
  3. Made in Japanのバッグとその技術を、もっと世の中に広めたい

日本×台湾が生み出すデニムバッグ

日本製にこだわったバッグブランド「Pray」と、台湾のアパレルブランド「DYCTEAM」がコラボレーションしたバッグ。

「Pray」の持つ堅牢なモノ作りのノウハウと、「DYCTEAM」オリジナルの遊び心あふれるデニム生地を掛け合わせ、

デニム素材のバッグシリーズを製作しました。

①大容量リュック

prayのシリーズの中でも最も人気のある型番を初めてデニム生地で作成。

大容量20L収納可能な「Pray」のシンボリックアイテムです!

外側のジッパー付き収納に加え、内部にも3か所の仕切りを設け荷物の仕分けもバッチリ。

とにかくよく入ります!

B4ファイル、15インチサイズのノートPC対応。

背裏とベルト裏にメッシュ素材を採用し、身体にフィットする背負い心地を演出しております。

背面ジッパーの片側からは、中の物が取り出せる仕様になっております。

デニムの面積も大きいので、ファッション的にもインパクト大。

沢山入れて実用的に使いたい方におススメのモデルです!

②ハンドル付きリュック

ハンドルがデザイン的でありながら、バランスの取れた柔らかな表情のリュック。

背裏とベルト裏にメッシュ素材を採用し背負い心地◎

背負うだけでなく、手持ちでの使い方もオススメです。

タブレット収納や、折りたたみ傘なども収納できる優れモノ。

持ちやすいハンドルのおかげで中をガバッと開けやすいのも特徴!

内側には三か所の仕切りを設け、小ぶりながら収納力バッチリ。

丸みを帯びたフォルムが特徴的で、コーディネイトのアクセントとしても活躍してくれます。

男女問わずユニセックスなアイテムとしてお使いいただけます!

③ショルダーバッグ

開閉がスムーズな、舟形ショルダーバッグです。

身体にフィットするフォルム。

ショルダーストラップを外せば、 レザーのハンドルに手をかけ、クラッチバッグとしても使用可能です!

内側には3か所の仕切りを設け、普段よく使うスマホやモバイルバッテリー等も楽々収納。

水筒もスッポリ入る嬉しいサイズ感。

日本製ならではの縫製の丁寧さを生かした多機能モデル。

一粒で二度おいしい、2WAYバッグです!

④ウエストバッグ

普段使いのウエストバッグには、丈夫なデニム生地が良く合います!

レザーの引手がアクセントになっています。

ウエストバッグとしても、ボディバッグとしても使える仕様

ベルトも調節可能ですのでお好みのスタイルに合わせてお使い下さい。

レザーの内ポケットで、ちょっとした小物入れに。

ペットボトルが楽々入る便利なサイズ感!

軽くて使いやすく、サブバッグとしても◎

小ぶりなサイズ感で、ちょっとしたお出かけにピッタリ!

商品について

「Pray」のブランドコンセプトである

「お客様に末永く使って頂くことを祈って、モノ作りをしていくこと、そして物が溢れていて 活気の無い時代に、 活気のある生活を求める」

を元に、

日本製にこだわり、大阪の工場で生産しております。

元々馬革のバッグをリリースし続けてきた「Pray」ですが、今回はその中でも特に人気があった4型をデニム素材に変えて製作しました。

軽くてキャッチーで、よりデイリーユースな仕上がりとなっています。

※素材の特性上、生地の取り位置により、柄の位置・ニュアンスなど多少の個体差が生じ、画像と表情が異なる場合がございます。 1点づつ異なるデザインが特徴でございますので、予めご了承下さいませ。

生地について

DYCTEAMが「wear in blue」をテーマに展開する、ジャケットやパンツに実際に使われたオリジナルデニム生地をチョイスしました。

手間暇かかる立体ジャカード織りを採用しつつ、デニムの持つ自然な褪色と相まって、見た目に奥行きのある表情に。

パッチワークのようにちりばめられた生地は1点1点配置が微妙に違うため、それぞれが世界に一つだけのバッグとも言えます!

季節を問わず使えるデニム生地ならではの、スタイリングのしやすさもお楽しみいただけます。

お気に入りのデニムを着るように、貴方のコーディネイトに加えてみてはいかがでしょうか!

今回の企画について

Made in Japanにこだわり、様々なバッグをリリースしてきた「Pray」。

昨今は日本国内に留まらず、中国、台湾、ロンドンでの海外進出もスタートしました。

海外生産が主流になりつつある世の中で、日本製であることがいかに希少であるかということを、海外進出をして、強く感じるようになりました。

日本が持つこの高度な技術をもっと世の中に広めたいという思いの中、ご縁があり海外ブランドである台湾の「DYCTEAM」と出会いました。

革製品を中心に作り続けてきた「Pray」ですが、今回は「DYCTEAM」のジャカード織りを採用したユニークなデニム生地に着目し、

確かな作りと遊び心を融合させる企画をスタートさせました。

日本と台湾の架け橋に、そしてよりカジュアルに皆様の生活に溶け込んでいくアイテムになればと思います!

Prayとは?

物や情報があふれる時代の中で生まれたのが、今回御紹介するブランド「Pray」です。 株式会社 元林が企画し2014年にスタートしました。

旧来の大阪の商業中心的な繁華街にはない、“緩やかな空気”が流れている地域、それが“堀江”。 そこで生まれた「Pray」ブランドは、お客様に末永く使って頂くことを祈って、モノ作りをしています。

「シンプルかつ上質」を提案することを合言葉に、物が溢れていて 活気の無い時代に、 活気のある生活を求めるアクティブな30代~40代に送るブランドです。

DYCTEAMとは?

2008年に台湾で生まれたファッションブランド「DYCTEAM」。

「自分自身を定義する」というコンセプトで日常生活に対する観察を題材に取り上げています。

ジャカード織りと機能性が高い素材を利用し、実用性とデザイン感を重視したうえ、便利さと喜びを日常生活に取り入れています

台湾だけに留まらず、日本・中国・シンガポールのアジア圏、ドイツやデンマークのヨーロッパ圏のファッションウィークにも出展をし、世界中で展開しています。

リターンについて

昨今のこんな暗い世の中を、ファッションを通じて明るくしたい思いで、

DYCTEAM特製のデニムマスクカバーを付属します!

今回の先行販売限定です!!

使い捨てマスクを使い捨てせずに長生きさせ、ファッショナブルにカスタマイズしてくれます。

伸縮性が高く、柔らかい着け心地で、中性洗剤で手洗いして陰干しすれば繰り返しお使いいただくことが可能です。

■ 【使用方法】

お手持ちの使い捨てマスクを入れ、マスクのゴムを外に出し、縦方向にプリーツを伸ばして付ければ完成です。

■ 【サイズ】

約18cm×9cm

こちらのマスクカバーは、中の使い捨てマスクは付属しておりませんので、ご自身でご用意ください。

スケジュールについて

■ 5/21クラウドファンディングスタート

■ 6/26 クラウドファンディング終了

■ 7/上 製品のお届け予定

どんな会社が企画している?

1905年に創業した、今年創業115年の総合商社の「株式会社 元林」が企画を行っています。 創業当時は、紳士ステッキ等の服飾雑貨を生業とし、時代とともに扱うアイテムの変遷も遂げてきました。 現在では喫煙具、100円均一のアイテム、オーガニック化粧品等、幅広いアイテムを取り扱っています。 ファッション雑貨においても、既成概念にとらわれない、新しいファッションを国内外に向けて発信。 ファッションは、時代のトレンドやカルチャー、アートなどと融合しながら常に変化していきます。 私たちは、今という時代を敏感に取り入れながら、さらに進化していくファッションをご提案していきます。 これまでの形式や既成概念にとらわれない、新しいスタイルにつながる感度の高いモノ・コトを創造し、国内外に向けて発信していく会社です。

どんなところで作っている?

生産工場は同じ大阪にある、東大阪の工場で生産しています。 老舗の工場で、バッグ一筋の歴史のある会社です。 自社工場も持ち、職人さんの腕も確か。

「Pray」が信頼している工場で生産しています。

Made in Japan!!

リスク&チャレンジ

私達、製作チーム一同は、製造工場とデザイン・仕様を実現できるよう、プロジェクトを誠心誠意進めております。 下記のようにプロジェクトページに記載している内容に変更が生じた場合は、出来るだけ早く活動レポートなどで共有を行っていく予定でございます。 ・開発中の工程において、デザイン・仕様の一部が変更になる可能性もございます。 ・製造スケジュールにつきましては、職人が一つひとつ手作業で製作しています。  想定よりも多くの応援をいただいた場合、お届けまでお時間を頂戴する場合がございます。 ・製造工程上の都合や配送作業に伴う止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。 ・モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。 最後に、本製品を手に取った皆様に喜んでもうえるよう、 チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願い致します。

記事の有効期限: 2020年6月26日 Friday 11:59pm

コメントを残す

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。